2016年5月28日土曜日

ホワイトアスパラガス

北海道産のホワイトアスパラガスをいただいた。
頭の中で 妄想メニューが わさわさする夜を過ごして、

その昔、アルザスのメゾン フェルベールで 住み込み修行していたおり、ある日曜日?に ムッシュー フェルベール(シェフ クリスティーヌ のお父さん)に、今夜は、レストランに行くから 何時にサロンに来るようにと言われ、程々の格好をして 待機していると 普段 一緒に暮らしている マダム、ニコルと 4人で、レストランへ。(記憶 曖昧)

ホワイトアスパラガスを食べに行くんだよ と みんな ウキウキ顔。(アルザスはホワイトアスパラガスの名産地)

前菜は、これでもかと シャルキュトリー てんこ盛り。生ハム、ソーセージ、ハム、サラミ、、、、

て、メインが ホワイトアスパラガスでした。オランデーズソース(暖かいマヨネーズ) たっぷり。

ワインは、アルザスの白ワイン。

ものすごく、贅沢な食事だった。(なぜ、写真がないのだろう。。。。)

という訳で、アルザスの思い出を一皿で、、、
自家製のベーコンを焼いた油で、アスパラガスを焼いて、ポーチドエッグにも焼き目を。
小さくてはねた赤そら豆を散らして、サラダとパン。

最初は甘いのですが、噛み締めているとほのかに苦味があって 幸せなランチでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿