2016年2月15日月曜日

豆の選別

昨年末 友達から 「契約した畑から採れた黒豆だから。」と鞘に入っている黒豆を一抱えもらった。
「もう少し 乾かして 足で踏んで 鞘から出して」言われたが、、、、年末には間に合わず おせちには 例年通り、北海道の黒豆を炊いた。(ごめん Kさん)

で、ずっと 店先に鞘に入ったまま 置いてあったのだけど、友人が1週間後には来るので、そうだ やってしまわないと と 今日 突然 取り掛かった。

ちょっと 食べ物を足で踏むのは 嫌なのと、そして 鞘をパリパリ割るのが楽しく 黙々と豆にしていたのですが、、、、、

まず、あまり 光ってない。(普段買っている豆はなにかで磨いているのか、粉をふいたようになってない)
弾けた豆がある。(小さいとか、ちょっとダメそうな豆があるのは 想定内だったけど、すでに弾けている豆が鞘から出てくるのには 驚いた)

日本の綺麗とか、みんな揃っているとかの陰に たくさん 廃棄されているものが有るのだろうなぁ とも 思った。(多分 豚の餌とかになるとは思うけど、、、、、)

そうだ、私 ダメな豆を鞘と一緒にゴミ袋に入れちゃったけど、鳥にあげれば良かったんじゃんと 今頃 気がつく。。。。。

お店に並んでいるのもだけでなく、畑からお店に並ぶまで たくさんの人の手がかかっていることも 考えてほしいな。と思いました。

0 件のコメント:

コメントを投稿